ホーム > ピックアップ > 匂いが冬場も籠りがちで辛い

匂いが冬場も籠りがちで辛い

ワキガって暑い夏場はもちろん、暖房のきいた冬場も匂いが籠りがちで辛いですよね。
どれだけ気をつけていても突然匂ったりして悲しくなります。
そんなワキガを改善するため実際に私が行った効果のある方法をご紹介します。
まず気をつけているのが体を洗う石鹸です。
ワキガの原因のひとつに雑菌があります。
この雑菌をいかに抑えるかで匂いの度合いが変わります。
これに気づくまでは一般的なボディシャンプーを使っていました。
今は薬用の殺菌成分を含む石鹸を愛用しています。
ボディシャンプーを使っていた時には洗った後もなんとなくまだ匂いが残っていたんですが、
薬用の石鹸に変えてからは洗い上がりの後に脇をこすって匂いを確かめても無臭になりました。
日中はデオドラントを使用しています。
スプレータイプのものとか色々試した結果、私に最も効果があったのは塩化アルミニウム入りの制汗剤です。
この塩化アルミニウムには汗を止める効果があります。
ワキガそのものの原因を止めてしまうんです。
ただ塩化アルミニウムは肌の弱い人だとかぶれてしまうので注意です。
辛いワキガですが今はいろいろ効果のある製品が出ています。
自分にあった方法を見つけるのが大事だと思います。

簡単で誰でも出来るワキガを治す手段