ホーム > 注目 > 選択肢は多く

選択肢は多く

任意整理とは普通借金整理というように言われておりおのおのの貸し手に対し借金の支払いを行うことを前置きとした債務整理の選択肢のことです。

実際としての手続きですが、債務処理経験のある司法書士もしくは弁護士が債権を持つものと借り手との仲介をして話し合って利息に関する法律に照らしながら利息の引き直しをもとに新たに計算しなおした借金の元金に対する年利を削った方法で3年ほどの期間で返済を行う整理方法です。

この任意整理には裁判所などの公的機関が手出しすることがないのでこれとは異なる選択と比較した場合でも、選択したときにおける不利な点が最も小さく、やり取り自体が借金をしている人にとってあまり重荷になりませんのでメインとして考慮してもらいたい方法ということになります。

それから、貸し手が消費者金融みたいなとても高い金利ならば法が許している利息をゆうに超えて払った金利分についてはその元金に適用できると考え借入金の元金それそのものを減らすこともできてしまいます。

 

ですので、サラ金などのとても高い借入金利のところに長い期間返済してきた例ではある程度のお金をカットできる場合もあり、15,6年とか返済し続けている例では負債自体がクリアーになるような場合もあります。

 

任意整理の有利な点ですが自己破産手続きと違って一部のお金だけを整理していくことができるため他の保証人が関係している借入金を別として検討したい場合や自動車ローン以外で整理をしていく場合等においてでも使用することが可能になりますし、築き上げてきた財産を処分することは求められませんので、マイカーやマンションなどの自分の資産を保有していて放棄したくない場合にも選択肢になる債務整理の手順になります。

いっぽうで、後々の返済に必要な額と実際としての可処分所得を比較して、だいたい返済の目処が立てられるようである場合は処理を進めるほうが良いといえますが、破産と違い返済義務そのものがなくなってしまうという意味ではありませんので、借金の金額がかなりになる場合などは実際的には任意整理の手続きを踏むのは難しいと判断することになるでしょう。


関連記事

  1. 抜け毛が気になる40代、育毛シャンプーを買ってみます

    40代にさしかかったのもあり、最近、抜け毛が気になってきました。 恥を忍んで会社...

  2. 年会費無料のEITカードは必須アイテムですね

    今やショッピングのお供として最も利用するものはクレジットカードかもしれません。そ...

  3. 選択肢は多く

    任意整理とは普通借金整理というように言われておりおのおのの貸し手に対し借金の支払...